ハイヤーにおける安全運転の仕組み

ハイヤーに乗るときに一番気になるのが安全面でしょう。初対面の乗務員が運転する車に乗車するので、安全面が気になるのは当然のことです。そのため、ハイヤーサービスではあらゆる安全運転への取り組みがあります。

近年一般車両でも取り付けられつつあるのが、ドライブレコーダーです。ハイヤーにもドライブレコーダーは設置されており、運転中の危ない場面を後日分析して危険情報を共有し、分析した結果安全運転に生かすという取り組みがされています。もちろん、ハイヤー側が気をつけていたとしても、貰い事故が起きることはありますが、そのときの証拠として映像を提出するという意味もあります。

また、ドライブレコーダーとは別に、乗務員の運行状況をリアルタイムで把握する装置も設置されています。この装置を置く理由は、速度超過、急ハンドル、急アクセル、急ブレーキが発生した際に、運行管理者に通知され、運転品質の向上のために役立てるためです。

さらに、ハイヤーサービスで使用されている車両そのものが高級車であることから、車両そのものが丈夫に作られています。装備されている運転支援システムには、自動ブレーキなどが導入されています。これらが装備されていることで、事故回避に貢献するでしょう。運転支援システムに関しては、車両によって違いがありますが、概ね似たようなものが導入されており、安心して乗車できるように配慮されています。

もっとも、車両に対して安全面に配慮したシステムがあるだけでは、本当の意味の安全とは言えないでしょう。運転するのは乗務員であり、お客さまを乗せるために、運転技術そのものを向上させることに関しても研修が行われます。この研修制度により、安全面に配慮したプロの運転技術を身につけることができるようになります。技術面だけでなく座学的な研修もしっかり行われており、乗務員の接客意識を高めて、丁寧な応対が実現しています。

このような研修は定期的に行われていますが、最終的に大事なのは、乗務員のメンタルヘルスです。各ハイヤー会社では、普段の労働状況や健康状態、ライフスタイルなど総合的に見ることで、事故防止対策に努めています。これらは専門のカウンセラーが行っています。安全運転に関しては、車両面と乗務員の運転技術や精神面など全体的にフォローする体制となっています。そのため、安心して利用客に乗車してもらえる体制ができていると言えるでしょう。