ハイヤーのビジネス利用は多岐にわたる

ビジネス目的で、ハイヤーを使用する場合もあります。企業の役員や、取引先企業の役員などに対してハイヤーを使って送迎し、安心して業務を行ってもらうことが目的です。ハイヤーのビジネス利用については、1回単位の利用もあれば、短期利用、長期利用など利用スタイルはさまざまです。一昔前の大企業が運転手を抱え、車両の管理や整備なども一貫して行うことは、想像以上に大変なことであり経費もかさみます。運転手の採用から研修など人材育成という意味でも難しいものがあるのでしょう。

ここ数年の傾向として、運転手や車両という部門をアウトソーシングする企業が増えてきました。アウトソーシングすることで、必要なときに必要な人数や台数のハイヤーと乗務員を確保できるため、企業側にとって大きなメリットとなっています。ハイヤーサービスを行う会社は、その道のプロなので、人材育成についても申し分ありません。企業側が取引先の要人をお出迎えするという場合、海外からの要人を出迎える場合についても、安心して任せられます。

企業がハイヤーを依頼するという場合、大きく二つに分かれます。ひとつは、自社の取締役や役員の出勤などでの利用、もうひとつは取引先の要人を送迎するケースです。さらに細かくいえば、取引先の要人を海外から出迎える場合は、空港までハイヤーの送迎を依頼することもあるでしょう。ビジネスマナーを心得ていることはもちろんですが、日常会話レベルの英会話を取得していないと難しいものがあります。海外といっても、ときとして英語圏ではなく、そのほかの言語という場合もあるでしょう。その場合も、ハイヤー会社に相談すれば、数多く在籍する乗務員から対応可能な乗務員をピックアップできます。

自社の取締役や役員のための利用という場合についても、要望に応じて乗務員を配置することが可能となっています。ただし、依頼するハイヤーサービスによって違いがあるため、詳しく相談しておくと安心でしょう。また、会食やパーティ、接待ゴルフなどの送迎でハイヤーの依頼もできます。特に、ゴルフ接待の場合はメンバーを数人一緒に送迎することができますので、各自現地に集まるよりも、効率よく集合できます。

ビジネス利用といっても、その利用方法は多岐にわたり、あらゆる場面が想定されるはずです。ハイヤーサービスは要望に応じてできる限りの対応をしてくれますので、相談してみることをおすすめします。